【クラクラ】ビギナーズ!講座!

戦法・情報をわかりやすく初心者に向けてのブログ! わからなかったらコメよろ! 誤報がある場合もコメントお願いします!

タグ:ダクエリ

ダクエリタンクダクエリポンプ
みなさんこんにちは
今回は、ダークエリクサー(以後de)について書きます。
このDEですが、実は、エリクサーの3倍の魔力があるそうです。おお!なるかもしれませんけども、エリクサー自体謎のやつなので、すごい!とは私には思えないですね。

そんなDEの使い道は??
  • ヒーローのレベルを上げる
  • 闇の兵舎のユニットコスト
  • 闇の兵舎のユニットのレベルを上げる
  • インフェルノタワーの動力源
ぐらいですかね。
要するに、後半で重要になる資源です。

そんな資源ですが、登場するのは、TH7です。
ダークエリクサーポンプとタンク一個ずつ作れます。

しかし奥さん!

ただ作るだけでは、全然役に立ちません。レベルを上げなければDEがたまりません。
まずは、ポンプですが、レベル1では、一時間で20DEだけです。貯めれるDEも180で、全然少ないです。
なので、1500000ですが割と高額ですが、頑張ってためて、レベルを上げましょう。
タンクについてもです。

貯めるのは、せいぜい10000。一万で上げれるのは、ババキンと、ガーゴイルのみです。

「ババキンができるんだから充分じゃん!」


などと思うと後々後悔します。
闇の兵舎のユニットのレベル上げが困難になりますし、ババキンも、レベル2になるには、12500なので、たまりません。
なので
ダクエリポンプ・タンクは、Th7では、最低でも、レベル2にあげないと、後半戦が厳しくなるかもしれません。

クラクラは、後半戦から、楽しくなっていきますから、がんばっていきましょう!

以上です。

こんにちは^^
2015-02-01-17-10-09




ついに!!ですね。防衛設備などTh7の上限をほぼすべて終えたということで、TH8への資金をためていましたが!
2015-02-01-17-10-14

200万たまりまして、th8にする工事が始まりました。8日間とは(笑)
長いですねー。
まぁ気長にまつとしましょう。
2015-02-01-17-10-18

まぁth7時代(今もだけどw)を思い返してみると、去年の9月かな?そのころは、のんびり適当にやってまして、全然防衛設備を上げてませんでした。というか、壁に専念しすぎて、内側のものがあまり上がらず、外面だけ、紫にしましてwそれなりに大変でしたわ。
以下省略(なにもなかったわわわけじゃない汗)

TH8にしましたらですね。まずは、ユニットを強化しようかなと思っています。
なんか、ユニットのデザインがダサいので、速くあげたいですね。特にウィザードとアーチャーですね。
なんか色がドラえもんみたいなウィザードと、色の好みではない、アーチャーを速く、大人の青・三角巾をつけ、バーバリアンはかっこよく甲をつけていきたいと思っています。

あ・・・そういえば、上の写真見ればわかると思いますが、ダクエリがですね。少し上げて、20000中10000になりました。あと、2000か2500ためて、ババキンをレベル2にしたいですね。速くアイアンフィストを使えるようにしたいので、狙われる資源として、有名なダクエリを守りつつ、上げていきたいと思います。

以上です。

みなさんこんにちわ
ブログを移転してから最初のブログとなります(笑)
正直、ブログを書きやすさ(機能性・わかりやすさ)などはlivedoorのほうがいいかなって思ってます。

さて、本題に移りましょう。
今回の戦法は
ホグラッシュです。
ホグロゴ

ホグライダーの最大の利点は
壁を乗り越えることができるということです。これは、社会人にも必要なことですよね(笑)
つまり、壁を飛び越えて破壊することなく内側に入れるのでウォールブレイカーを使う必要もなく、時間も削減できます。これが最大の利点です。

ホグライダーは防衛設備最優先なので、援軍などは、他のユニットで対処しなくてはいけませんね。

おすすめのユニット構成は
TH7は200なので、ホグライダー32体(160)バーバリアン2体(2)ジャイアント一体(5)アーチャー5体(5)
ウィザード2体(8)
です。

ホグライダー以外は、援軍処理用です。
バーバリアンで援軍を釣りジャイアントを身代わりにして、アーチャー・ウィザードで倒します。

そして、ホグライダーを投入します。レイジなどの呪文を駆使して、戦いましょう

欠点は、
  • 巨大爆弾に弱い
主力が消えたら、負けてしまうので、トラップに引っかからないような、道があるところがいいと思います。

  • ダクエリを大量消費する
→ダクエリは貴重な資源です。そう簡単に貯まるものではないので、絶対勝ちたいっていう村に使いましょう。

以上です。これからはlivedoorとともに頑張っていきます!w

このページのトップヘ